ベビー布団のメリット

「寝る子は育つ」という言葉があります。これは子どもにとって睡眠がいかに大切なことかを表している言葉です。
この言葉の通り、子どもが寝ている時には多くの成長ホルモンが分泌され、子どもの成長に大きく関わってきます。
睡眠は大人にとってもとても大事なものですが、子どもにとってはもっと大事なものなのです。
赤ちゃんもそうです。赤ちゃんは食べることと寝ることがお仕事だといえます。
そのために赤ちゃんがしっかりと寝ることが出来る環境はとても大事になってきます。
そのためには赤ちゃんが普段眠るベビー布団に気をつけることが重要になってくるのです。
産まれた赤ちゃんの睡眠時間は一日の半分以上、つまりほとんどが寝ていることになります。
そのためにほとんど赤ちゃんはベビー布団の中にいるというわけです。
体がまだしっかりと出来上がっておらず、肌も敏感な赤ちゃんにとって、ベビー布団はとても大事になってくるのです。

ベビー布団とは簡単にいえば赤ちゃん専用のお布団です。
まだ肌が敏感な赤ちゃんにとって肌に触れても安心な素材で出来た、赤ちゃんにとってとても優しいお布団なのです。
赤ちゃん用のベビー布団が必要になってくるわけはこの他にも存在します。
このベビー布団は赤ちゃんの睡眠の事をしっかりと研究されて制作されました。そのために赤ちゃんの体の重さや寝る体制に合わせて、そのお布団の柔らかさが研究され、それがしっかりと反映されているのです。
例えば、赤ちゃんが使うものだから柔らかいものが良いだろうというのは少し間違っていて、あまりに柔らかすぎるお布団は赤ちゃんの正常な発達を妨げることに繋がる恐れがあります。
しかし、硬すぎると赤ちゃんにとって快適とは言いづらいお布団になってしまい、お布団の柔らかさだけでもとても難しいのです。
そして赤ちゃんは体温調節が出来ないために、あまりに熱がこもりやすいお布団は体調不良の原因になります。そのために常に快適な体温を保つことが出来るお布団が良いとされているのです。
ベビー布団はこのような赤ちゃんの抱える問題と、健やかに成長するために必要な条件を研究した結果誕生したお布団なのです。
したがって赤ちゃんにしっかりとあったお布団選びが、これから赤ちゃんが健やかに成長していくために重要となってくるのです。


意外な重さ

赤ちゃんは意外と重いです。そのために柔らかすぎるベビー布団ですと赤ちゃんが沈んでしまい、上手く体を動かすことが出来ず、体に歪みが生じてしまうので注意しましょう。

Read more »

デリケートな状態

赤ちゃんは肌がとてもデリケートです。そのためにちょっとした刺激でも問題になることがあります。だからこそベビー布団は赤ちゃんに優しい素材で出来ており、赤ちゃんにとって優しいお布団なのです。

Read more »

オススメリンク


布団に注意

赤ちゃんは体温調整を上手く行うことが出来ません。そのためにお布団に熱がこもりすぎてしまっても、熱がこもりにくくても体調を崩してしまいます。ベビー布団はそのような点にも気をつけて作られています。

Read more »

問題を解決

赤ちゃんは頭と首がまだアンバランスな状態で、首がすわるまで時間がかかります。そのためにお布団に気をつけなければ呼吸困難に陥ります。ベビー布団はそのような問題を解決することが出来るのです。

Read more »


沈むことの弊害

赤ちゃんは呼吸をするのもとても大変です。そのためにあまりに顔が沈んでしまうようなお布団だと呼吸できなくなります。ベビー布団はそのような自体を防ぐために適切な柔らかさで作られています。

Read more »

寝返りをうつ

赤ちゃんは成長していくとよく寝返りをうちます。その寝返りは成長の中でとても大切なものです。ベビー布団はその寝返りをうちやすい構造をしており、安心して赤ちゃんが寝返りをうつことができます。

Read more »